本文へスキップ
                                                                   

 三大学連携協力協定締結記念特別展示およびシンポジウムを開催   

法政大学、明治大学、関西大学は「ギュスターヴ・エミール・ボアソナードに学んだ若者たちによる創設」という共通の起源をもつ大学として、2017年に連携協力協定を締結しました。
この協定締結を記念した特別展示「ボアソナードとその教え子たち」を、HOSEIミュージアムの開設プレ企画として本学で開催します。「日本近代法の父」とされるボアソナードの足跡と教え子たちの創立の精神を振り返り、その意義をあらためて考えます。
また特別展示のオープニング企画として、記念シンポジウムも開催いたします。皆さまのご来場、ご参加をお待ちしております。

<特別展示>

【会期】2019年2月23日(土)〜4月22日(月)10:00-17:00
    入場無料 日祝休 ※ただし2月24日(日)は開室します。

【会場】法政大学市ヶ谷キャンパス
    ・ボアソナード・タワー14階 博物館展示室
    ・外濠校舎6階展示室
 
<記念シンポジウム>
【テーマ】三大学創立の時代ー私塾・結社・法律学校ー
     江戸の私塾の伝統が、その後の自由民権運動の結社にどのようにどのようにつながり、法政を含めて
     私立法律学校の創立へと発展したのかについて、法制史や歴史学の専門家を招いて議論します。

【日時】2019年2月23日(土)13:30-16:00

【会場】法政大学市ヶ谷キャンパス58年館3階833教室

 ※展示、シンポジウムともに会場は法政大学市ヶ谷キャンパスとなります。会場の詳細は、キャンパスマップもしくは下記リンク先のチラシをご参照ください。
 法政大学市ヶ谷キャンパス
 〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
 http://www.hosei.ac.jp/campus/ichigaya/ichigaya.html

 ※本展示は3大学を巡回するもので、2018年7月〜8月には明治大学にて開催され、2019年6月1日(土)〜7月20日(土)には関西大学千里山キャンパスでの開催を予定しています。

【問合せ先】法政大学史センター 電話:03-3264-6501
 


本展示会のチラシPDF(表)



本展示会のチラシPDF(裏)


政大学史セン